育毛サプリメントは効くのか?

薄毛に効くサプリってあるの?

薄毛対策は育毛に良い生活習慣から

薄毛は、髪の量が減って地肌が見えてしまう状態です。
髪が抜けて本数が減る場合と、毛が細くなる場合があります。
通常は1日あたり50〜100本自然に脱毛しますが、急激に抜ける、簡単に抜けるといった場合は疾病の可能性があるため、医師にご相談ください。
男性の薄毛やハゲの原因の9割は男性型脱毛症(AGA)によるものと言われます。
AGAは生え際から始まるM型、頭頂部から始まるO型、もしくは両方に出現するのが特徴です。
早ければ思春期から、50代以降は半数が発症すると言われています。
女性に多いのは、女性型脱毛症(FAGA)とびまん性脱毛症です。

AGAは一般に遺伝や男性ホルモンであるテストステロンの影響が主な原因と考えられています。
テストステロンが血中を流れ、頭皮のアンドロゲン代謝関連酵素5α-リダクターゼと結び付くと、強力な活性型男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、毛乳頭の男性ホルモンレセプターと結合して脱毛因子TGF-βを増やします。
このTGF-βが毛が抜けるように指令を出します。
髪を製造している毛母細胞は分裂を停止し、成長ぜず短くて細い状態で抜け落ちます。
成長できない髪の本数は増加し、うっすらと地肌が見えるようになり、薄毛へと進行します。
女性型脱毛症(FAGA)の発症の仕組みは解明されていませんが、女性ホルモンの分泌が減少し男性ホルモンが優位になることで同じような経過になると考えられています。

AGAと遺伝との因果関係は解明されていませんが、密接な関係があるといわれています。
生まれつき5α-リダクターゼの活性が高い遺伝子を持つ人、男性ホルモンレセプターの感度が高い遺伝子を持つ人、どちらも持たない人(ハゲにくい人)があると言われます。
しかしAGAは遺伝がすべてではなく、生活習慣や食習慣など後天的な要素からも影響を受けて発症するようです。

薄毛のほとんどは男性型脱毛症(AGA)その発症のメカニズム

抜け毛、薄毛の原因は遺伝やAGA・FAGAだけでなく、乱れた生活習慣(食習慣、睡眠、運動、ストレス等)による場合があります。 AGAを発症している場合も、乱れた生活習慣により進行が加速することもあります。 生活習慣の改善は育毛の基本になります。

育毛サプリメントで薄毛の改善が可能に!

医薬品を使った育毛は有効ですが、副作用を考えるとできる限り使いたくないと考えるかも知れませんね。 現在、薬を使わなくても優秀な育毛剤や育毛サプリメントが開発されており、副作用のリスクも少ないようです。 若年層の方や進行があまり進んでいない方は医薬品よりも比較的安全なサプリメントの使用がおすすめです。

注目の育毛成分!ノコギリヤシ

男性泌尿器系の症状、前立腺肥大による排尿障害などを改善するための有効成分にノコギリヤシの果実があります。このノコギリヤシは男性型脱毛症に対しても効果があることがわかっています。 育毛サプリメントの多くにはこのノコギリヤシエキスが含まれています。

TOP